PART2STYLE presents 『STRICTLY DANCING MOOD Vol.1 -FUTURE RAGGA SESSIONS-』特集ページ - PART2STYLE WEB

「レゲエやその他イロイロの新しい楽しみ方を提示・発信」するレーベルPART2STYLE(パートツースタイル)が2008年秋に渾身の力を込めてリリースするビッグプロジェクト!これまでレーベルの中心的存在であるRUB-A-DUB MARKETの諸作や、ヒューマンビートボクサー櫻井響のアルバム「DON CHIKI PAN」、KEN2-DSPECIALの7インチなどをリリースしてきたPART2STYLEクルーと、あらゆるフィールドで共鳴してきた同士が集い、このコンピレーションで提示するテーマは「FUTURE RAGGA」。とかくジャマイカの最新モード追従型に偏りがちなこの国のレゲエ事情、異常拡大する「ジャパレゲ」シーンとは一線を画し、レゲエ〜ダンスホールを軸にしつつ、様々なダンスミュージックと共鳴していくことこそ自然なスタンスと考えるアーティストが集った革新的な作品!海外ではヨーロッパを中心にして、ダンスホール(ラガ)がテクノ・ハウス・ヒップホップ・ジャングル・ダブステップなどと結びついた新しい音楽が多く出てきているのに対し、日本ではシーンと呼ぶべきシーンもまだないのが現状。だったらその日本版を作ろう!と考えたかというとそんなつもりも毛頭なく(たとえば「国産ダブステップ・コンピ」みたいな、海外の最新ムーヴメントの翻訳ではなく)、せっかくイロイロな音楽が溢れる時代に生きてるんだし、レゲエもその他も同じぐらい好きだし、「こんな楽しみ方があってもいいんじゃない?」という提案、その一つの例としてのコンピレーション。だから「こんなのレゲエじゃねーよ」と言われてしまおうとも、そんな声を恐れない。いわゆる「レゲエの人」じゃないアーティストも多数参加してるし、彼らは、コンピのテーマであるはずの「FUTURE RAGGA」という記号さえ軽々と超越してみせる。レゲエやラガのどこに魅力を感じるかは人それぞれ。そのエッセンスをそれぞれが独自に解釈して新しい音を作って集まったら、こんなフレッシュなコンピレーションが出来上がった。拡大解釈、勘違い大歓迎。

どこかオカシくて、突然変異的な「ラガ・コンピ」、当然のように世界中に1つしかない作品だ。なぜならココにあるのは、名ばかりの、作り上げられたシーンじゃなくて、人と人の自然な繋がりや、感じ合ったシンパシーから生まれた「緩やか」な連帯だからだ。収録曲はほぼ全曲がこのコンピのための書き下ろし新曲で、本気が感じられるものばかり。

最後に付け加えておくと、今回は惜しくも収録できなかったアーティスト、参加を熱望してくれたアーティストは、まだまだ各地にたくさんいる。特定の団体や組織ではない、この連帯の幅はまだまだ拡げていける。だから誤解を恐れずに書こう、「シーンはすでにココにある」!!!